家計・資産形成

NISAの限度額を使い切った方法。米国ETFを買えない端数は投資信託(楽天全米株式)で使い切るのがおすすめ

NISAの年間の限度額は120万円。どうせなら余すことなく、最大限きっちりと使い切りたいですよね。

SBI証券で米国ETFを自動積立をしているだけではきっちり使い切ることはできないので、クリスマスまでにきちんと調整しておく必要があります。

この記事では、SBI証券でNISAの年間限度額をきっちり使い切る方法を紹介します。

NISAってなに?
ETF? VTI??

というあなたは、こちらの記事にどうぞ。

NISAを使った資産形成の始め方。共働き家族におすすめのやり方共働き家族におすすめなNISAを使った資産形成の始め方・やり方を紹介。...

1.NISAの限度額をチェックする

1.NISAの限度額をチェックする
タイガ
タイガ
まずはNISAの限度額をチェックします。
タイガ
タイガ
手順は以下の通りです。
NISAの限度額をチェック
  1. SBI証券にログイン。
  2. 右上の口座管理をクリック。
  3. 口座サマリーのNISA/つみたてNISA投資可能枠で残額を確認。

2.NISAの限度額が多い場合

2.NISAの限度額が多い場合
タイガ
タイガ
VTIを自動買い付けしているとします。
タイガ
タイガ
18/12/14段階で、VTIの円換算1株単位は16052円です。
タイガ
タイガ
ですので、NISA枠が16052円以上ある場合は、まずはVTIを買えるだけ買いましょう。
タイガ
タイガ
手順は以下の通りです。
VTIを買付する方法
  1. SBI証券にログイン。
  2. 青いメニューから外国株式海外ETFをクリックします。
  3. 赤い背景の「外国株式取引サイトへ」をクリックします。
  4. 銘柄orティッカーに「VTI」と入力して検索。
  5. バンガード トータルストックマーケットETFの右側にある買付(赤色背景)をクリック。
  6. 必要事項を入力して、注文確認画面へをクリック。(1.株数:NISA残高で買えるだけの株数、2.価格:成行、3.期間:当日中、4.預かり区分:NISA預かり、5.決済方法:円貨決済、6.「外国株式取引に関する説明書」の内容を理解し同意するにチェック、7.取引パスワードを入力。
  7. 注文確認画面へをクリック。

3.NISAの限度額を使い切る

3.NISAの限度額を使い切る
タイガ
タイガ
NISAの残額がVTIの1株単位に満たなくなったら、残りは投資信託の楽天VTI(楽天・全米株式インデックス・ファンド)で埋めます。
タイガ
タイガ
楽天・全米株式インデックス・ファンドは、本家VTIと同じと考えてOKです。
タイガ
タイガ
日本円ベースであること、信託報酬が本家VTIより若干高いですが、買付最低金額が100円以上・買付単位が1円なので、限度額をきっちり使い切るにはピッタリの投資商品ですね。
楽天VTIを買付する方法
  1. SBI証券にログインしたら、青いメニューから投信をクリック。検索窓に「楽天」といれて検索。
  2. 楽天VTI(楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド (愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)) )をクリック。
  3. 金額買付をクリック。
  4. 目論見書のPDFを読んで、同意して次へをクリック。
  5. 必要事項を入力して、注文確認画面へをクリック。(1.預かり区分:NISA預かり、2.限度額を確認、3.購入金額に限度額と同じ金額を入力、4.再投資を選択、5.取引パスワードを入力)
  6. 入力内容を確認して注文発注をクリック

1.SBI証券にログインして、投信メニューをクリック

1.SBI証券にログインして、投信メニューをクリック

2.楽天VTIをクリック

2.楽天VTIをクリック

3.金額買付をクリック

3.金額買付をクリック

4.目論見書のPDFを読んで、同意して次へをクリック

4.目論見書のPDFを読んで、同意して次へをクリック

5.必要事項を入力して、注文確認画面へをクリック

5.必要事項を入力して、注文確認画面へをクリック

6.入力内容を確認して注文発注をクリック

6.入力内容を確認して注文発注をクリック

さいごに

資産形成成功図

この記事では、SBI証券でNISAの年間限度額をきっちり使い切る方法を紹介しました。

ちょっと面倒ですが、NISAの年間限度額を余すことなく、最大限きっちりと使い切りましょう。

なお、株価が思ったようにあがらずに損がでる可能性も当然ありますので、投資にかかる最終的なご判断はご自身の責任で行っていただくようお願いいたします。

少しでもお役に立てば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

NISAを使った資産形成の始め方。共働き家族におすすめのやり方共働き家族におすすめなNISAを使った資産形成の始め方・やり方を紹介。...