絵本

なぜかハマるナンセンスな絵本5選。突拍子のないストーリーが面白い!?

絵本のストーリーは突拍子のないものが多いですよね。

この記事では、その中でも特に突拍子のないストーリーの絵本を5冊紹介します。ナンセンスな絵本は、なぜか子供の食い付きが抜群。男の子でも女の子でもオススメですよ。

ゴムあたまポンたろう

あらすじ・感想

主人公の「ゴムあたまポンたろう」は、頭がゴムでできている男の子。いきなり遠くから飛んできて、「ゴムあたまポンたろう」の頭が山にぶつかります。この時点でさっそく意味がわかりませんね(笑)

「ゴムあたまポンたろう」の頭はゴムでできているので、当たっても痛くありません。ボールのように弾んで、色々なものにポンポンとぶつかりながら、どんどんと遠くに移動していきます。

うちの子のお気に入り

「ゴムあたまポンたろう」が大男のバットに当たり、ホームランのようにすっ飛んでいくシーンがお気に入り。大男もなぜか大喜びしています。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 長新太
出版社 童心社

きょうはみんなでクマがりだ

あらすじ・感想

いきなり「クマがり」にでかける家族。

「今日はみんなでクマがりだ。捕まえるのはでかいやつ。空はスッカリ晴れてるし。怖くなんかあるもんか!」

というお決まりのフレーズを繰り返しながら、草原を抜け、川を渡り、沼地を通り、どんどん進んでいきます。ついに念願のクマと出会いますが・・・。

家族が「クマがり」に出かける理由は一度も説明されません。あえて言えば空が晴れているから・・・でしょうか?

うちの子のお気に入り

クマに出会った後をスピーディーに読むんであげると大興奮。

なんで追いかけてきたん?
食べたいんじゃない? もしくは遊びたいのかな?

と親子揃って「???」となりながらも、何度も読んだ絵本です。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 著:マイケル ローゼン
翻訳:山口 文生
出版社 評論社

ちくわのわーさん

あらすじ・感想

主人公は「ちくわのわーさん」。

わーさんは、軽快な関西弁でしゃべり、口笛を吹きながら、うねうねと歩いていきます。

大人から見るとかなりシュールなのですが、なぜか子供受けは抜群。わーさんの目的は?

うちの子のお気に入り

巻き寿司さんの服を着てみるシーンがお気に入りです。服がなくなった巻き寿司さん、かなりかわいそうです(笑)

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 岡田 よしたか
出版社 ブロンズ新社

シリーズ

  • うどんのうーやん
  • こんぶのぶーさん

あしにょきにょきにょき

あらすじ・感想

毎日美味しいものを食べているポコおじさん。あやしいセールスマンの持ってきたそら豆を食べると、足がにょきにょきと伸びていき、街の中に出ていってしまいます。

ポコおじさんの足は街を壊さないように動きますが、逆方面から汚い靴下を履いた足がやってきて街や車を破壊していきます。ポコおじさんの足が汚い靴下を履いた足と対決し・・・

うちの子のお気に入り

ポコおじさんの足がにょきにょく伸びて街に出ていくシーンがお気に入りです。

なんで足が伸びてるのーーー(笑)

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 深見 春夫
出版社 岩崎書店
  • あしにょきにょき

いっぽんみちをあるいていたら

あらすじ・感想

いっぽんみちを歩いていたら、むこうから色々な人や動物がやってきます。遠くから見ると普通の人や動物と思いきや、すれ違う時に「アレッ!?」とビックリ仰天します!

うちの子のお気に入り

「いっぽんみちをあるいていたら、むこうからだれかがやってきた」のフレーズの後に、誰が出てくるのか当てるのが大好き。

一本道を歩いていたら、向こうから誰かがやってきた
めっちゃおおきい人ーー!

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 市居 みか
出版社 ひかりのくにまとめ

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、突拍子のないストーリーの絵本を5冊紹介しました。ママ・パパの視点では、「???」となるのですが、なぜか子供の食い付きが抜群です。

気になる絵本を見つけたら、ぜひ読んであげてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【4歳・5歳向け】かわいい動物が主人公の絵本【オススメ10選】4歳・5歳の子供が大好きな心あたたまるストーリーが多い動物が主人公の絵本をピックアップ。ノラネコぐんだん、14匹のねずみ、ピヨピヨハッピーバースデーなど人気シリーズの対象年齢は?...
絵本選び不要!子供の感性を育む世界の絵本