絵本

【4歳・5歳むけ】子供の想像力と創造力がグングン伸ばせる絵本

絵本には子供の想像力や創造力をグングンと伸ばす効果があります。日常生活ではありえない世界観を体験することができるからですね。

この記事では、4歳・5歳の子供に読んであげたい面白いストーリーの絵本を紹介します。

気になった絵本を見つけたら、ぜひ読んであげてください。

もうぬげない

あらすじ・感想

一人で着替えをしようとしたら、脱げなくなってしまった男の子のお話。このままだったらどうしよう・・・と思いながらも、脱げなくてもなんとかなると想像力をふくらませます。

「りんごかもしれない」も面白いですよ。

うちの子のお気に入り

上着が脱げないなら、ズボンを脱ごうと思った男の子。

手が使えないため結局ズボンも脱げず、そのまま身動きできなり・・・うちの子は何度みても大爆笑していました(笑)

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 ヨシタケシンスケ
出版社 ブロンズ新社

シリーズ作品

  • りんごかもしれない
  • このあと どうしちゃおう

キャベツくん

あらすじ・感想

「キャベツくん」と「ブタヤマさん」の掛け合いが、シュールで面白いですね。

おなかが空いたブタヤマさんがキャベツくんを食べようとしますが、

「ぼくをたべるとキャベツになるよ!」

とキャベツくん。空を見ると、鼻がキャベツになっているブタヤマさんが浮かんでいます。

ヘビが食べたら? ライオンが食べたら?

次々面白い動物が空に登場します。

うちの子のお気に入り

ブタヤマさんの

「ブキャッ!」

と驚くフレーズがお気に入り。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 長 新太
出版社 文研出版

シリーズ作品

  • ブタヤマさんたらブタヤマさん
  • キャベツくんとブタヤマさん
  • キャベツくんのにちようび
  • つきよのキャベツくん

100かいだてのいえ

あらすじ・感想

縦開きが珍しい絵本。

ある日、「100かいだてのいえ」の住人から招待をうけたトチくん。興味を持って訪れてみると、10階ごとに違う動物たちが住んでいます。

それぞれの動物の特徴をとらえた部屋や家具がユニークでどんどん好奇心が刺激されます。

うちの子のお気に入り

ページをめくるごとに何が住んでいるかクイズを出してくるうちの子。

次は誰がいるー?
サル?
ブッブー! リスさんでしたー!

と楽しんでいました。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 岩井 俊雄
出版社 偕成社

シリーズ作品

  • ちか100かいだてのいえ
  • うみの100かいだてのいえ
  • そらの100かいだてのいえ

ふしぎなキャンディーやさん

あらすじ・感想

ブタくんがもりのなかで見つけたふしぎなキャンディーやさん。

店主のタヌキのおじさんが、

「ここにあるキャンディーをなめるとふしぎなことがおこるんだよ」

と試しに食べさせてくれます。

キャンディーを食べている間だけ不思議な力がつかえるようになったブタくん。気に入ったキャンディーを購入して、いたずらを思いつき・・・。

うちの子のお気に入り

キャンディーの能力に興味津々。

一番欲しいのは「とうめいになれるキャンディー」だそうです。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 西 達也
出版社 金の星社

シリーズ作品

  • ふしぎなタネやさん
  • ふしぎなカサやさん

いろいろいろのほん

あらすじ・感想

絵本に書いてあるとおりに、指や手でさわったり、本をゆらしてみてください。次のページで子供が実際にやったかのように色が変化します。

うちの子のお気に入り

ぽん!

自分の指を使って絵本が動いているように錯覚するようで、何度も何度も繰り返し読んでとせがみます。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 著:エルヴェ・テュレ
翻訳:たにかわ しゅんたろう
出版社 ブロンズ新社

シリーズ作品

  • まるまるまるのほん
  • おとえほん
  • あそぼ
  • まるまるまるのげーむ

くれよんのくろくん

あらすじ・感想

それぞれの色の特徴を生かし、画用紙にキレイな絵を書いていくクレヨン君たち。一人だけ出番がなかったくろくんは・・・。

お互いに助けあうこと、認めあうことの大切さが学べる絵本です。

うちの子のお気に入り

シャーペンさんの力でキレイな夜空ができたシーンが大好きです。

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 なかやみわ
出版社 童心社

シリーズ作品

  • くろくんとふしぎなともだち
  • くろくんとなぞのおばけ
  • くろくんとちいさいしろくん

よかったねネッドくん

あらすじ・感想

びっくりパーティに招待されたネッドくん。

早速パーティにむかうネッドくんに、不運と幸運が交互にやってきます。ありえない展開ながら、リズムよくスピーディなストーリーにグングン引き込まれます。

うちの子のお気に入り

ピンチを乗り越えるネッドくんの活躍に大興奮!

飛行機が運転できて、サメより早く泳げて、トラを振り切るスピードで走れるネッドくん。超人ですね(笑)

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 著:レミー チャーリップ
翻訳:八木田 宜子
出版社 偕成社

ぴかくん めをまわす

あらすじ・感想

交通ルールを教えるのにピッタリな絵本です。

朝から一生懸命はたらく「ぴかくん」。青・黄・赤、青・黄・赤と規則正しく信号を送りますが、あんまり忙しくて目を回してしまいます。ぴかくんが動かなくなったことで、街は大混乱!

うちの子のお気に入り

人格のある信号機のぴかくんが忙しすぎて目を回したシーンがお気に入り。

あか、き、き? あか、き、あか?
ぴかくん、どしたん?
忙しすぎたみたいだよ
えーー?

評価・対象年齢・作者・出版社

評価
対象年齢 4歳・5歳
作者 松居直
出版社 福音館書店

すてきな三人組

あらすじ・感想

恐ろしい三にんぐみの泥棒たちのお話。次々と馬車を襲って秘密の場所に宝物を隠します。

ある日、馬車を襲撃すると、宝がありません。中にいたのは、みなし子のティファニーちゃんだけ。

宝のかわりにティファニーちゃんを連れ帰った三にんぐみ。これを契機に三にんぐみに大きく変化が訪れます。

うちの子のお気に入り

最後は暖かい気持ちになれる絵本です。どこにハマったのかハッキリしないのですが、何度も何度も「読んでー!」とせがまれました。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、4歳・5歳の子供に読んであげたい面白いストーリーの絵本を紹介しました。

子供の想像力と創造力をグングン伸ばしてくれますよ。

【4歳・5歳向け】言葉遊び絵本で子供の語彙力と発想力をアップ!4歳・5歳の子供に読んであげたい言葉遊びの絵本を紹介。語彙力アップできる絵本は、すなばばば、へんしんトンネル、ぶたたぬききつねねこ、あっちゃんあがつく-たべものあいうえお、くだものだものシリーズがおすすめです。...
絵本選び不要!子供の感性を育む世界の絵本