心と身体の健康

禁煙セラピーでタバコをやめた体験談。ネタバレ&成功した芸能人は?

一昔前はちょっと格好いいアイテムだったタバコも、いまやすっかり悪者扱いですよね。

街中や駅のホームからどんどん灰皿が消えている一方で、タバコの値段はどんどん高くなっていますよね。

2018年10月の値上げで1コイン500円を超える銘柄が複数出てきます。

さらに受動喫煙防止対策が進むなど、喫煙者には世知辛い世の中ですよね。

喫煙者
喫煙者
家族にも嫌がられるし、お金もかかるし、健康に悪いのもわかっている・・・でも、どうしてもやめれない!

なんていう喫煙者の方も多いのではないでしょうか?

私もタバコを吸っていたときはそうでした(汗)

タバコをやめたいけどやめれない・・・そう思っている人にぜひ読んでほしいのが、「禁煙セラピー」という本です。

私が読んだときは文章のみの本でしたが、いまは漫画版が出ていているので、すごくとっつきやすくなっていてオススメ!

この記事では、私自身も禁煙に成功(15年以上)している『禁煙セラピー(アレン・カー)』の魅力を紹介します。

禁煙セラピーを読んでタバコをやめた体験談

先日のAmazonプライムデーでkindle unlimitedのお得なキャンペーンをやっていたので登録して色々な電子書籍を読んでいました。

そこで懐かしい書籍「禁煙セラピー」が漫画になっているのを発見、久々にパラパラと読んでみました。

禁煙セラピーと出会って禁煙に成功

私が禁煙に成功したのは25歳のときです。

当時は1日2箱は吸っていて、何度か禁煙にチャレンジするものの、ことごとく失敗。

チェーンスモーキングがやめられずに空咳が出ていた時期があり、

タイガ
タイガ
煙草をやめるか、死ぬかの二択だな・・・

と思っていたときに、偶然出会ったのが禁煙セラピーです。

結果的に、この出会いのおかげですっぱりタバコと縁を切ることができました。

禁煙に成功した現在の状況

タイガ
タイガ
なんであんなの吸っていたんだろ?

というのが正直な感想。いまや喫煙室に近づくのも嫌ですし、歩きタバコをしている人がいると、

タイガ
タイガ
・・・(クサッ!)

とあわてて距離をとるぐらい、タバコに興味がなくなりました。

友達がタバコを吸っていても当然吸いたいとは思いませんし、イライラ解消のためにタバコを求めることもありません。

飲み会で喫煙者と同席した後で、髪や服についた煙草のニオイで気分が悪くなってしまうまでになりました。

変われば変わるものですね(笑)

禁煙したことで感じるメリット

禁煙したことで感じるメリット

とにかくメリットだらけです。タバコをやめられて、本当によかったと確信しています。

  1. 毎月のタバコ代が不要
  2. 体調不良の改善
  3. 副流煙による家族・周囲への悪影響が0に
  4. 歯がヤニでよごれなくなった
  5. 部屋もヤニで黄色くならなくなった
  6. 服や髪にタバコのニオイがつかない
  7. ごはんが格段に美味しくなった!
  8. タバコを吸う時間が不要になった
  9. いつもどこでもタバコを吸おうと考える時間が消滅
  10. タバコを吸っていない間のイライラから解放

1.毎月のタバコ代が不要

当時は赤のマルボロ(赤マル)が250円ぐらいだったと思いますので、月間で1万5千円、年間で18万円の節約に成功しています。

もし、タバコをやめずに25歳から75歳まで50年吸い続けたとすると約900万。

タバコの値段はどんどんあがっていっていますので、ゆうに1千万円を超える節約に成功したことになりますね。

  • 月間のタバコ代:1万5千円=1箱250円×1日2箱×30日
  • 年間のタバコ代:18万円=月1.5万×12ヶ月=
  • 生涯のタバコ代:900万円~=年18万×50年間

2.体調不良の改善

禁煙したことで、妙な空咳はキレイになくなりました。

将来の肺がんなどリスクが大幅に低下し、生命保険の加入時にもマイナス査定をされなくなりました。

3.副流煙による家族・周囲への悪影響が0に

自宅はもちろん、ファミレス・飲食店で喫煙席を選ぶ必要がなくなりますので、家族に副流煙を吸わせないで済むようになりました。

4.歯がヤニでよごれなくなった

真っ白な歯とはなかなかいかないものの、タバコのヤニで黄ばんだ歯ではなくなりました。

自分ではわからなかったものの、口臭とかもすごかったんだろうなと・・・(汗)

5.部屋がヤニで黄色くならなくなった

喫煙時はポスターを貼った場所と貼っていない場所の差がひどかったですが、そういった問題もなくなりました。

賃貸だったので引っ越しのときに修繕費をかなり取られた・・・と親がボヤいていましたので(ゴメン)

喫煙時の漫画単行本や書籍もあきらかに変色していますし、嫌なニオイも残ってしまっています。

6.服や髪にタバコのニオイがつかない

タバコを吸っていたときはまったく気がつかなかったのですが、タバコを吸わなくなってからすごく敏感になりました。

喫煙時は嫌なニオイを撒き散らしながら生活していたことになりますね。

7.ごはんが格段に美味しくなった!

タバコでにぶくなっていた味覚が戻るにつれて、ごはんがめちゃめちゃ美味しくなります。

毎食の食事が美味しく感じられるのは、本当に幸せなことですよね。

タバコをやめると太りやすいのは、口寂しくなるだけでなく、食べ過ぎが原因かもしれません。

8.タバコを吸う時間が不要になった

タバコ代と同様に、時間も大幅に削減できます。タバコに対する規制が緩かった昔であれば、

  • 仕事をしながら
  • 歩きながら
  • 電車を待ちながら

といった「ながらタバコ」もできたのですが、分煙・禁煙が主流のいまはそうもいきません。

自宅でも換気扇の前にいったり、ベランダに出たりで肩身は狭く、何かをやりながらタバコを吸える時代ではありませんよね。

そのため、喫煙者にはタバコを吸うためだけに必要な時間が毎日発生します。

タバコを吸う時間は急いで1本3分、ゆっくりで5分くらいはかかるでしょうか。

全部3分で吸ったとしても、1日2箱(40本)タバコを吸うと、2時間(120分)かかります。

タバコをやめるだけで、毎月約2.5日、年間で30日、生涯で1500日分の時短効果が得られます。

  • 月間のタバコにかかる時間:60時間(約2.5日)=1本3分×1日40本×30日
  • 年間のタバコにかかる時間:720時間(約1ヶ月)=1か月60時間×12ヶ月
  • 生涯のタバコにかかる時間:36000時間(約4.16年)=年720時間×50年間

9.いつもどこでタバコを吸おうと考える時間が消滅

この仕事が終わったらタバコを吸おう、電車を降りたらすぐタバコ吸おうといった無駄な思考が不要になります。

人間が1日に決められることの領域は決まっていますので、煙草をやめることで他の事柄へ集中しやすくなる効果が期待できます。

10.タバコを吸っていない間のイライラから解放

タバコが吸えない時間が続くとニコチンの減少とともにイライラしがち。そういった無駄なイライラからも解放されます。

禁煙セラピーを読んで当時衝撃を受けたのは、

アレン・カー
アレン・カー
タバコを吸うという行為は、やめたときにホッとする一瞬のためだけに、自分の頭を壁に叩きつける行為と同じである!

という言葉です。タバコを吸うことは、

  1. タバコを吸うことで体内にニコチンが入る→ニコチン依存スタート。
  2. 時間経過とともにニコチンが減少→イライラ・ストレスが発生。
  3. タバコを吸ってニコチン補給→一時的にイライラ・ストレスから解放される。
  4. タバコを吸うとイライラ・ストレスが解消されると思いこむ。
  5. タバコの量が増え、どんどんニコチン依存症が進む・・・。

をエンドレスで繰り返していることになるわけですね。

タバコを吸っている間だけ一瞬の安心感を得るため、残りの時間をずっとイライラ・ストレスを感じながら過ごすはめになります。

この無駄とも思える行動をどう思うのか、禁煙セラピーが考え直すキッカケを与えてくれますよ。

禁煙することによるデメリット

禁煙することによるデメリット

全くないです。タバコを吸っていたときの幸せな時間と言えば、

喫煙の至福のひととき?
  • 寝起きの一服
  • 食後の一服
  • コーヒーを飲みながらの一服
  • 飲み会での一服

といった感じで、特にタバコが美味しく感じられた時間帯がありました。

タバコをやめたら至福の時間が・・・と最初は思っていました。でもこれはすべてニコチン依存症が引き起こすまやかしです。

禁煙セラピーを読むことで、喫煙時に感じていた感情が全て偽物であるとわかるようになりますよ。

マンガ禁煙セラピーのネタバレ・概要紹介

漫画・禁煙セラピーにかかれている内容をザックリとネタバレ紹介します。

気になった人は実際に「マンガ・禁煙セラピー」を読んでみてくださいね。

一般的な禁煙と禁煙セラピーの違い

禁煙セラピーの禁煙方法は特徴的です。

従来の我慢して禁煙する方法でも一時的な禁煙はできます。

3週間経過すると体内のニコチンが消失しますので、ニコチンに対する依存は解消できるからですね。

でも、我慢する禁煙はタバコに対する未練が残っていますので、ちょっとしたキッカケで元の煙草のある生活に逆戻りしがち。

イライラしたときに「1本だけ・・・」とタバコに手を出してしまったり、飲み会で「もらいタバコ」をして、再びニコチンの虜になってしまうわけですね。

マンガで読む禁煙セラピーは、喫煙の本質を知ってタバコ・ニコチンの洗脳をとき、自分自身を納得させながら煙草をやめることに焦点をあてています。

だから、身体からニコチンが消えて依存作用さえなくなれば、今後はタバコに手を出そうと思わなくなるのが禁煙セラピーで禁煙するメリットだと言えるでしょう。

禁煙セラピーの重要なポイントを、ネタバレ・ピックアップしました。

禁煙セラピーの重要ポイント
  • 喫煙は習慣ではなく、依存=中毒である。
  • ニコチンの依存作用は3週間で消滅。
  • 喫煙の本質を知って禁煙することでタバコへの未練を断ち切る。
  • タバコはリラックスでなく、イライラ・ストレスを生み出す。
  • タバコをやめることで、失うことは何一つない。

禁煙セラピーでわかる「よくやりがちな禁煙失敗例」

マンガ・禁煙セラピーを読むと、よくやりがちな禁煙失敗例がたくさんでています。

私も以下の1番・3番・4番を試したことがあり、ことごとく失敗しました(汗)

なぜこういった禁煙方法がいけないのか、禁煙セラピーを読むと理由が納得できるようになります。

  1. タバコを我慢してやめる。
  2. みんなと一緒に禁煙する。
  3. 一日に吸う本数を減らす。
  4. タールの少ない銘柄に変更。
  5. 時間を決めて吸う。
  6. 飲み会の日だけ吸う。

禁煙に成功した芸能人・有名人

禁煙セラピーで禁煙した芸能人・有名人一覧

禁煙セラピーの帯に登場したり、禁煙セラピーで成功と発言したことのある芸能人・有名人の一覧です。(敬称略)

アキ(よしもと新喜劇)は帯に登場しているのですが、サンスポの記事によると喫煙経験はないとのことで除外しています。

新喜劇でおなじみの持ちネタの「いいよぉ~!」が使いやすかったんでしょうか?

禁煙セラピーで禁煙した芸能人
  1. 今田耕司
  2. 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
  3. トミーズ雅(トミーズ)
  4. 西城秀樹(故人)
  5. 品川祐(品川庄司)
  6. 松本人志
  7. 月亭八方
  8. 椎名林檎
  9. 木村祐一
  10. 清水ミチコ
  11. ボブサップ

禁煙セラピー以外で禁煙した芸能人・有名人一覧

検索した限りでは、予想以上にたくさんの芸能人・有名人が禁煙されていました。(敬称略)

実際に禁煙しているのか、現段階も禁煙しているのか、そもそも喫煙していたのか・・・といった詳細は不明です。

それでも、芸能界でもタバコ離れが進んでいるとみてとれますよね。テレビドラマで煙草をくわえるシーンも以前より減った気がします。

禁煙した芸能人(敬称略)
  • 福山雅治
  • 堺雅人
  • 向井理
  • 舘ひろし
  • 西田敏行
  • 西島秀俊
  • 石田純一
  • 薬丸裕英
  • 渡辺徹
  • 徳光和夫
  • 有吉弘行
  • タモリ
  • 和田アキ子
  • 有田哲平
  • 伊集院光
  • 相葉雅紀
  • 中居正広
  • スガシカオ
  • Hyde
  • 長渕剛
  • 桑田佳祐
  • 吉井和哉
  • 郷ひろみ
  • 矢沢永吉
  • 吉田拓郎
  • 野口五郎

さいごに

いかがでしたか?

この記事では、私自身も禁煙に成功(15年以上)している『マンガで読む禁煙セラピー(アレン・カー)』の魅力を紹介しました。

タバコ約2箱分で禁煙できると考えれば、費用対効果は抜群!

喫煙に対する世間の風当たりも強くなる一方ですし、芸能界でもタバコ離れが進んでいます。

タバコをやめたいけどやめられない方は、この機会に「マンガで読む禁煙セラピー」を読んで、ぜひ禁煙にチャレンジしてみてください。

ご自身のためにも家族のためにも、禁煙にはメリットしかありませんよ。

少しでも参考になれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。