iPhone

iPhoneの機種変更で簡単にデータ移行/引き継ぎする方法【2019年版】

4年近く使っていたiPhone6Sの充電がおかしくなってきたので、重い腰をあげてiPhone11に機種変更することにしました。

機種変更で面倒だなと思うのが、やっぱりデータを移行(写真やアプリなどの引き継ぎ)することですよね。

しかし、iOS12.4から登場した新しいデータ移行方法であれば、

タイガ
タイガ
バックアップ不要で新しいiPhoneへ引き継ぎが可能!

となっています。

この記事では、iOS12.4から登場した新しいデータ移行方法(クイックスタート)と実際の準備・手順を紹介します。

使っているアプリや写真はもちろん、目覚まし時計やID/パスワードといった各種設定も一通り移してくれるので、思った以上の簡単さで新しいiPhone11を使い始められますよ。

新旧iPhoneのデータ移行を比較

新旧iPhoneのデータ移行を比較

今までのiPhoneのデータ移行手順

2019年7月にリリースされたiOS12.4から、iPhoneの新しいデータ移行方法が実装されました。

いままでのiPhone機種変更時の引き継ぎ手順であれば、

  1. 古いiPhoneでバックアップを作成
  2. 新しいiPhoneへバックアップを復元

という2つの手順が必要ですが、予想以上にやっかいなのがバックアップの作成です。

iPhoneのバックアップは、

  1. iTunes経由でパソコン内にバックアップを取る
  2. iCloudでクラウド上にバックアップを取る

のどちらかが必要なのですが、

タイガ
タイガ
どちらも一長一短・・・

なのが実情だったりします。

1.iTunesでバックアップする場合

1.iTunesでバックアップする場合

iTunesでバックアップを取る場合の主な課題は以下の通り。

  • パソコンが必要
  • CドライブにiPhone分の空き容量が必須
  • iTunesの同期設定を外しておく必要あり

パソコンを持っていない人はiTunesでのバックアップは選べませんし、持っていたとしても保存先がCドライブしか選べないのが非常に厄介です。

保存先を変更する方法もありますが、結構ややこしいんですよね。

タイガ
タイガ
途中でわからなくなって断念しました

じつは機種変更直前まで、新しいデータ移行方法がバックアップ不要だと理解していなかったので、

  • 写真・動画はPCのDドライブに移してから削除
  • ほとんど使っていないアプリ・音楽なども削除

するなど、古いiPhoneの容量を可能な限り減らして、やっとのことでiTunesにバックアップを取りましたが、

タイガ
タイガ
新しいデータ移行方法であれば、まったく不要な作業でした

2.iCloudでバックアップする場合

2.iCloudでバックアップする場合

iCloudの場合は特に難しい操作はありません。

WIFI環境でiPhoneを以下の通り操作するだけでOKです。

iCloudでバックアップ
  1. 「設定」→「ユーザ名」→「iCloud」の順にタップ
  2. 「iCloudバックアップ」をタップ
  3. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

しかし、iCloudの無料分は5GBしかありません。

バックアップで使うためには、iCloudの有料プランを使う必要が出てきます。
※料金は2019年9月27日段階

  1. 50GB:130円
  2. 200GB:400円
  3. 2TB:1300円

64GBのiPhoneをフルで使っているなら2番の400円、256GBのiPhoneなら毎月1300円の余計な出費となります。

バックアップ時に一か月だけ使うとしても、無駄な費用であることは間違いないですね。

スポンサーリンク

iPhoneの新しいデータ移行手順

iPhoneの新しいデータ移行手順

しかし、新しいデータ移行方法であれば、

タイガ
タイガ
新旧iPhoneを近くに置くだけでOK!

という手軽さがGOOD!

いくつか操作はありますが、iPhoneの指示通りにするだけなので超簡単です。

iTunesでのバックアップのため事前に18GB程度に減らしていた(写真は数枚のみ)ことも影響してか、新旧iPhone間のデータ移行にかかった時間は10分~15分程度で完了しました。

LINEやゲームなど個別引き継ぎが必要なアプリやApplePayを利用している場合は、別途事前準備が必要ですが、

タイガ
タイガ
iPhone→iPhoneの機種変更はかなり簡単!

になったと言えますね。

ただし、写真・動画をそのまま移行する場合は、もっと時間がかかるのであろうと想定できます。

普段からバックアップを作成している人であれば、従来どおりのバックアップ→復元のデータ移行方法の方が早いかもしれません。

新データ移行方式のメリット

  • 意外とやっかいなバックアップ作業が不要
  • iPhoneの指示通りやるだけで移行作業が完了

新データ移行方式のデメリット

  • 従来の移行方式より時間がかかる

iPhoneを機種変更する事前準備

iPhoneを機種変更する事前準備

今までに比べて格段に機種変更がしやすくなったiPhoneですが、LINEの移行など事前に準備しておくべき項目があります。

タイガ
タイガ
Apple ID/パスコードの確認、LINEの引き継ぎ作業以外は対象者のみでOK!
  1. AppleIDとパスコードを確認(必須)
  2. 古いiPhoneのiOSを最新版にアップデート(対象者のみ)
  3. 新しいiPhoneのiOSを最新版にアップデート(対象者のみ)
  4. LINEやゲームの引き継ぎ準備をする(LINEはほぼ必須/ゲームは対象者のみ)
  5. 古いiPhoneのApplePayを削除する(対象者のみ)

1.Apple IDとパスコードを確認

必須

iPhoneのデータ引き継ぎにあたって、Apple IDとパスコードを覚えておく必要があります。

確認方法は何種類かありますが、普段からアプリや音楽をダウンロードしているのであれば、iPhoneで確認できます。

Apple ID確認方法
  1. 「設定」をタップ
  2. 一番上の「ユーザー名」をタップ
  3. 名前の下にあるメールアドレスが「Apple ID」
  4. 「パスワードとセキュリティ」をタップ
  5. 「パスワードの変更」をタップ
  6. iPhoneのパスコードを入力
  7. 新規・確認の新しいパスワードを入力→「変更」をタップ

2.古いiPhoneのiOSを最新版にアップデート

対象者のみ

古いiPhoneのiOSを最新版にアップデートしておく必要があります。

すでに最新版であれば飛ばして大丈夫です。

iOSアップデート
  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「ダウンロードとインストール」をタップ

3.新しいiPhoneのiOSを最新版にアップデート

対象者のみ

新しいiPhoneのiOSも最新版にアップデートしておく必要があります。

iPhone11シリーズはそのままで問題なくできましたが、iPhoneXSシリーズ以前であれば、アップデートしてiOS12.4以上のする必要となります。

4.LINEやゲームの引き継ぎ準備をする

ほぼ必須

LINEは機種変更にあたって、アプリ上で手続きが必要です。

MNPでLINEデータはどうやって引き継ぎする?機種変更の有無がカギMNPする時のLINEデータはどうやって引き継ぎするのかをまとめました。端末がそのままなら特に操作不要、機種変更があるなら事前の準備が必要。端末が使えなくなった場合に備えて、電話番号・メールアドレス・パスワードの設定確認はこの機会にやっておくのが◎...
対象者のみ

パズドラやモンストといったスマホゲームもデータの引き継ぎが必要です。

LINE系のゲームは、LINE本体の引き継ぎができればOK!

引き継ぎが必要な主なゲームは以下の通り。

引き継ぎが必要なゲーム
  • グランブルーファンタジー(グラブル)
  • 白猫プロジェクト(白プロ)
  • パズル&ドラゴンズ(パズドラ)
  • ポケモンGO
  • 星のドラゴンクエスト(星ドラ)
  • 魔法使いと黒猫のウィズ (黒ウィズ)
  • モンスターストライク(モンスト)

LINE系ゲーム以外は引き継ぎが必要と認識しておけばOKです。

5.古いiPhoneのApplePay/Suicaを削除する

対象者のみ

iPhone6Sなので関係なかったのですが、Apple PayでSuicaを利用している場合は、古いiPhoneで登録を削除しておく必要があります。

削除しないと、新しいiPhoneでSuicaが利用不可となってしまいますので、使っている方はお忘れなく。

古いiPhoneで以下の通り手続きをしておきましょう。

Suicaを削除
  • 「Wallet」アプリを起動
  • Suicaを選択
  • 右下の「・・・」をタップ
  • 最下部にある「カードの削除」をタップ
スポンサーリンク

新しいiPhoneへのデータ引き継ぎ手順

新しいiPhoneへのデータ引き継ぎ手順

事前の準備が終わったら、いよいよiPhoneのデータ引き継ぎを行います。

自宅のWIFI環境で実施しました。

SIMはデータ移行終了後に入れ替えましたが、新しいiPhoneのiOSをアップデートした場合は、新しいiPhoneに挿したままでも問題なさそうです。

古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを転送しても、

タイガ
タイガ
古いiPhoneにはデータが残ったまま

なので安心ですよ。

新しいiPhoneを数日使って問題ないのを確認した上で、初期化して下取りに出すのがおすすめです。

データ引き継ぎ手順
  1. 新iPhoneの電源を入れる
  2. 旧iPhoneのWIFIとBluetoothをオン
  3. 新旧iPhoneを並べて指示通り進行
  4. LINE・ゲームなどの個別復元
  5. 新iPhoneにSIMカードを入れる
  6. ケース・フィルム装着→設定確認

1.新しいiPhoneの電源を入れる

新しいiPhoneを取り出したら、電源をつけましょう。

iPhone11であれば、右サイドのボタン+左サイドのボリュームボタンを同時に押すと電源がつきます。

2.古いiPhoneのWIFIとBluetoothをオン

WIFIとBluetoothがオンになっていることを確認します。

Bluetoothをオン
  1. 「設定」をタップ
  2. 「Bluetooth」をタップ
  3. 「Bluetooth」をオン

3.新しいiPhoneの横に古いiPhoneを置いておき、指示通り進行して復元

新しいiPhoneの電源をつけたら、古いiPhoneをすぐ横に置いておきます。

それぞれのiPhoneに順次手順が表示されますので、その通りにすすめるだけでOKです。

4.LINEなどの個別復元

4.LINEなどの個別復元

データの復元が終わったら、アプリが少しずつダウンロードされていきます。

一通り終わったら、LINEやゲームの引き継ぎ設定を行いましょう。

MNPでLINEデータはどうやって引き継ぎする?機種変更の有無がカギMNPする時のLINEデータはどうやって引き継ぎするのかをまとめました。端末がそのままなら特に操作不要、機種変更があるなら事前の準備が必要。端末が使えなくなった場合に備えて、電話番号・メールアドレス・パスワードの設定確認はこの機会にやっておくのが◎...

5.新iPhoneにSIMカードを入れる

新旧iPhoneの電源を落とし、SIMカードを新しいiPhoneにいれます。

Y!mobileのSIMカードで以下のiPhoneを使う場合、APN設定が必要になります。

  • iPhone11
  • iPhone11 PRO
  • iPhone11 PRO MAX
Y!mobileのAPN設定
  1. iPhoneでAPN設定用構成プロファイルにリンク
  2. 構成プロファイルのダウンロード「許可」をタップ
  3. iPhoneの「設定」をタップ
  4. 「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  5. 警告画面右上の「インストール」をタップ

6ケース・フィルム装着→設定確認

6.新iPhoneで細かな設定が問題ないか確認

新iPhoneの初期設定が一通り終わったら、フィルム&ケースを装着して完了です。

あとは新しいiPhoneで細かな設定がおかしくなっていか、使いながら確認していきましょう。

チャットワークなど通知設定が外れているアプリがあったので、よく使うアプリを中心に動作を確認するのが安心ですね。

ママ
ママ
お疲れ様でした!

iPhoneの機種変更で簡単にデータ移行/引き継ぎする方法【2019年版】│まとめ

iPhoneの機種変更で簡単にデータ移行/引き継ぎする方法【2019年版】│まとめ

この記事では、iOS12.4から登場した新しいデータ移行方法(クイックスタート)と実際の準備・手順を紹介しました。

バックアップをしなくて済むので、

タイガ
タイガ
iPhoneの機種変更がスムーズ!

に進められるのでおすすめですよ。

記事の振り返りはこちら。

Audible(オーディブル)キャンペーン中

Audible(オーディブル)のキャンペーンが開催中です。

プライム会員限定で無料期間が1か月→3か月となっているので、Audible(オーディブル)がたっぷり体験できます。

2021年6月29日(火)23時59分までですので、気になるあなたはいますぐ登録することをおすすめします。

 

いますぐ無料体験!