お出かけスポット

南紀白浜マリオットホテルの子連れ宿泊記。泊まってみて分かった情報&レビューまとめ

和歌山・白浜家族旅行の拠点には、南紀白浜マリオットホテルをセレクトしました。

白良浜やアドベンチャーワールドへのアクセスのよさ、部屋の広さ・値段などを考慮して決定しましたが、やはり泊まってみて分かったことがたくさんありました。

この記事では、南紀白浜マリオットホテルに泊まってみて分かった情報&レビューまとめ
ていきます。

タイガ
タイガ
子連れで白浜に宿泊するなら、南紀白浜マリオットホテルはおすすめですよ。
白良浜海水浴場のレビュー&各種情報まとめ。白良浜は噂通りキレイなビーチで超おすすめ!白良浜海水浴場のレビュー&各種情報まとめ。白良浜のビーチ情報・イベント・アクセスと、周辺の観光・ホテル・グルメ情報を備忘録がわりにメモしておきます。...

子連れの和歌山・家族旅行のホテル選び

白浜旅行のホテル候補一覧

和歌山・白浜旅行のホテル候補一覧

今回の和歌山家族旅行で、最終候補にあがっていたホテル一覧です。

子連れの旅行ですので、遊びに行くのは白良浜とアドベンチャーワールドの二箇所。

水着への着替えを考慮して、

タイガ
タイガ
白良浜まで徒歩圏内が、ホテルセレクトの第一条件!

でした。

どのホテル・旅館もアクセス・口コミともに問題はなさそうです。

最初はその中でもレビューが一番よく、ビーチにもっとも近い白良荘グランドホテルで考えていたのですが、

  • 三泊するので夕食は毎日違う方がいいかな?
  • 10畳の部屋だと、なんかちょっと狭いかも・・・。
  • ベッド派なので、布団だと疲れが取れなさそう。
  • 幼児の添い寝は無料も、布団が必要なら別料金かぁ・・・。

ということで、方向転換しました。

マリオットホテルを選んだ理由

南紀白浜マリオットホテルを選んだ理由

最終的に選んだのは、南紀白浜マリオットホテル。

楽天トラベルのセールで「ポイント還元10%+朝食付き」のお得なプランがあったので、「和洋室キングルーム(庭園側)」で予約しました。

4歳以上はビュッフェ代が必要(1750円)なので、長男の分もあわせてカード決済をしました。

名古屋でも泊まったマリオットホテルグループで安心感はあったものの、今回の選んだ理由は以下の通り。

  1. 白良浜海水浴場まで徒歩3分
  2. 白良浜周辺では部屋が広い
  3. 三泊なので夕食は不要

1.白良浜海水浴場まで徒歩3分

今回の和歌山家族旅行の主な目的は、アドベンチャーワールドと白良浜での海水浴の2つ。

特に着替えが必要な海水浴を楽しむために、白良浜まで徒歩圏内のホテルがいいなと探していました。

タイガ
タイガ
南紀白浜マリオットホテルは、ビーチまで徒歩3分!

と問題なしですね。

白良浜に行くには急坂があるという情報が少し気になりましたが、津波の可能性を考慮すると、高台にあるのは完全なデメリットではないかなと判断しました。

2.白良浜周辺のホテルでは部屋が広い

他のホテル・旅館の一般的な部屋の広さが10畳(約16.2㎡)に対し、南紀白浜マリオットホテルは全部屋42㎡と倍以上の広さ。

更に家族三人で寝れるキングベッドの部屋があるのも魅力的でした。

泊まったことのあるマリオットホテルグループですので、内装も高級感があり、清掃も行き届いているであろうと想定できたのもポイントの1つです。

3.三泊なので夕食は不要

1泊であればホテル・旅館の夕食もありなのですが、今回は3泊する予定でしたので、

タイガ
タイガ
毎日同じような夕食は要らないかな?

と思っていました。

白良荘グランドホテルとホテル三楽荘は朝夕付きしか見つけられなかったので、必然的にプランに柔軟性のある南紀白浜マリオットホテルという選択になりました。

南紀白浜マリオットホテル情報&レビュー&宿泊記

マリオットホテル/トピックス

南紀白浜マリオットホテル/トピックス

泊まって気づいたこと、イマイチだったところなど、南紀白浜マリオットホテルに関するトピックス一覧です。

詳細は後述します。

トピックス
  • ビーチは近いが急坂あり
  • 11階の温泉&露天風呂が楽しい
  • 朝食ブッフェが美味しい
  • 外国人客が半数
  • 宿泊前後も水着への着替えが可能
  • タクシーは5分程度で来る
  • チェックイン15時
  • チェックアウト11時
  • 部屋はキレイで清潔
  • アメニティは必要十分
  • 和洋室は布団もある
  • 無料wifiの速度OK
  • 壁は薄いのか隣の声が響く

マリオットホテル/アクセス

  • JR白浜駅
    タクシーで10~15分
  • アドベンチャーワールド
    タクシーで10~15分
  • 白良浜海水浴場:徒歩3分

バスは本数が少ないので、移動は素直にタクシーに乗るのがおすすめです。

アドベンチャーワールドに行くのも、タクシーを呼んでもらうのがスムーズですね。

どちらに行く場合も、タクシー料金は1500円前後でした。

南紀白浜マリオットホテルにはタクシーは常駐していませんが、フロントや内線(At Your Service)で依頼すると、だいたい5分程度で来てくれたので、タクシーがつかまらず困ることはありませんでした。

白良浜のビーチには徒歩3分で行けますが、急坂を降りていく必要があります。

タイガ
タイガ
ビーチサンダルだと、帰りの坂道はちょっとキツイ!

と感じました。

南紀白浜マリオットホテル/施設

南紀白浜マリオットホテル/施設

11階の温泉&露天風呂がおすすめ

南紀白浜マリオットホテルでおすすめな施設は、

タイガ
タイガ
最上階11階にある温泉&露天風呂!

ですね。

露天風呂・脱衣所・ラウンジからは、白良浜が右手に見えます。

初温泉でビビるかなと思っていた長男は、広いお風呂がかなり気にいったようで、

長男
長男
大きいお風呂いこっ!

と毎日満喫していましたよ。

温泉の備品&必要な持ち物

11F温泉に行く際の最低限の持ち物は、部屋のカードキーとバスタオルの2点です。

タオルで身体を洗いにくい場合は、ボディスポンジも部屋から持っていきましょう。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・タオル・ドライヤーなどは、備え付けがありますので持っていかなくてOK。

カードキーは温泉入口の自動ドアをあけるのに使うので、パパ・ママそれぞれ1枚ずつ持っていくといいですね。

ママ
ママ
温泉に入り終わったら、各自で部屋に戻れますしね。

カードキーは、脱衣所入り口にある貴重品ボックスに入れられます。

アイスや飲み物の自販機があるので、小銭を持っていってもいいですね。

貸切風呂(有料)があるので、家族で一緒に入りたい人はフロントで予約しましょう。

宿泊前後も水着に着替えられる

チェックイン前、チェックアウト後に、1階の更衣室で水着へ着替えることができます。

シャワー・ロッカーはもちろん、脱水機がついているのが便利でした。

白浜駅からマリオットホテルへタクシーで向かい、更衣室で水着に着替えてそのままビーチへ。

帰りはチェックアウトしてすぐに白良浜で遊んだ後、一旦ホテルに戻って着替えてから帰宅といったことも可能です。

南紀白浜マリオットホテル/主な施設一覧

主な施設は以下の通り。

※がついている施設は宿泊者無料となっています。

主な施設一覧
  • 1階:フィットネスセンター※
  • 1階:ロッカールーム※
  • 屋外:プール※
  • 2階:会議室・宴会場
  • 3階:朝食(Grill&Dining)
  • 11階:温泉&露天風呂(男女別/別途入湯料)
  • 11階:貸切風呂(予約制)
  • 11階:スパ

南紀白浜マリオットホテル/客室

南紀白浜マリオットホテル/客室

庭園側の景観は普通

泊まった客室は、和洋室キングルーム(庭園側)42㎡です。

山と道路、プール、ドラッグストアなどが見えました。

部屋でも景観を楽したい&予約がとれるのであれば、海側を選んだほうがいいですね。

タイガ
タイガ
11階の温泉・ラウンジからでも景色を楽しめるので、何が何でも海側にこだわる必要はないかなと思います。

部屋はキレイでアメニティも必要十分

部屋はマリオットホテルらしく高級感があり、備品・アメニティも必要十分そろっています。

無料WIFIの速度も十分なので、ネット環境も問題ありませんでした。

和洋室は布団の備え付けがあったので、寝相の悪い長男はベッドから落っこちないよう、ママと一緒に布団で寝ていました(笑)

温泉に入ったので浴室は使いませんでしたが、トイレと分かれているので使いやすいでしょう。

備品・アメニティ一覧

※は公式サイトには記載がなかったものの、実際に部屋にはあったアイテムです。

宿泊する部屋によっては、置いていない可能性があります。

備品
  • 電気ケトル
  • カップ(和室・和洋室は湯のみ)
  • タンブラー
  • 目覚まし時計
  • メモパッド
  • ペン
  • アイロン
  • アイロン台
  • 靴べら
  • 洋服ブラシ
  • ハンガー
  • セキュリティボックス※
  • 布団一式※
  • ゴミ箱※
  • 冷蔵庫※
アメニティ
  • 浴衣
  • スリッパ
  • ランドリーバッグ
  • シューミット
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • バスジェル
  • ボディスポンジ
  • コットンセット
  • シェーバー
  • シェービングフォーム
  • 液体ハンドソープ
  • ボックスティッシュ
  • 歯ブラシ
  • ヘアブラシ
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • フェイスタオル
  • ハンドタオル
  • バスマット
  • マウスウォッシュ
  • シャワーキャップ
  • 固形ソープ
  • ドリップコーヒー
  • デカフェ
  • 紅茶
  • 緑茶
  • 梅茶

防音性は非常に悪い

南紀白浜マリオットホテルで一つだけすごく残念だったのは、

タイガ
タイガ
壁が薄いのか隣の部屋や廊下の声が結構聞こえる・・・

ことぐらいでしょうか。

最初は何かわからずちょっとビクビクしていましたが、よーく聞いてみると女性同士の会話が盛り上がっている様子でした(笑)

内装はリニューアルされてキレイですが、建物自体は古いので致し方ない部分かもしれません。

南紀白浜マリオットホテル/朝食

南紀白浜マリオットホテル/朝食

朝食は3階のGrill&Diningでビュッフェ形式。

外資系ホテルらしく国際色豊かな客層で、中国・欧米系が多いかなと印象でした。

ホテルビュッフェの定番・シェフが作ってくれるオムレツは、自分で好きな具材&固さを紙に書いてオーダーするタイプとなっています。

紙を渡したら、席まで運んでくれるのもいいですね。

長男
長男
めっちゃ美味しいから毎日食べたよ!
ママ
ママ
料理長おすすめ梅しそ入りオムレツもおいしかったー!

ビュッフェはパン・ご飯・麺、サラダ・果物・デザート、和洋中と一通り揃っています。

梅干しやしらすなどご当地名物にチーズ、しぼりたてフレッシュジュースなど豊富なラインナップ。

タイガ
タイガ
デニッシュにハマリました!
タイガ
タイガ
ドリンクはプラカップにいれて、部屋に持ち帰ることもできますよ。

和歌山旅行ホテル選び&南紀白浜マリオットホテル宿泊記│まとめ

南紀白浜マリオットホテル情報&レビュー│まとめ

この記事では、南紀白浜マリオットホテルに泊まってみて分かった情報&レビューまとめ
ました。

子連れで和歌山・白浜旅行に行くのであれば、宿泊先の有力候補になりますよ。

各記事の振り返りはこちらからどうぞ。

白良浜に行ったら、アドベンチャーワールドにも足を運んでくださいね!

アドベンチャーワールドの魅力は? 行ってわかったおすすめポイント7選&イマイチなところ3選実際に行ってみて行ってわかったアドベンチャーワールドのおすすめポイント7選&イマイチなところ3選を紹介。動物園としての値段が高い&アクセスが悪いというデメリットはあるものの、それ以上に楽しめる魅力がタップリ!...