iPhone

ドコモ版iPhoneのSIMロックを無料で解除する2つの手順(MNP編)

月々のスマホ料金を安くするためには、格安SIMの利用は避けて通れませんよね。

iPhoneであれば格安SIM各社で対応機種となっていることが多いので、そのままの端末を利用する人が多いと思います。

しかし、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の前にひとつだけやってかなければいけないことがあります。

タイガ
タイガ
SIMロックの解除!

ですね。

docomo/au/ソフトバンクの3キャリアで購入して使っていた端末には、simロックがかかっています。

このsimロックを解除しないと、MNPした後にiPhoneを使えなくなってしまうからです。

この記事では、ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNPの場合)をまとめていきます。

SIMロック解除とは何なのか、そのメリット・デメリット、DOCOMO端末のSIMロック解除の条件もまとめます。

タイガ
タイガ
MNPの場合のSIMロック解除は、無料&簡単に手続きできますよ。

SIMロック解除とは?

SIMロック解除とは?

そもそも、SIMロック解除とは何のことでしょうか?

SIMロック解除とは、特定の携帯電話会社のSIMカードしか利用できないロックを外すことを指します。

【SIMカードとは?】
契約者ごとに固有の識別情報(電話番号等)が記録されたカードのこと。
SIMカードをスマホ端末に挿すことで通話・通信サービスが利用可能。

例えば、DOCOMOで契約している人であれば、スマホ端末もDOCOMOで買う人が多いですよね。

この場合、購入したスマホ端末は、DOCOMOのSIMでしか利用できません。

SIMがロックされている状態は以下の通り。

例えば、DOCOMOで契約・購入したiPhoneの場合とします。

  • DOCOMO回線(SIM)のみで利用可能。
  • au/ソフトバンクのSIMを挿す→通話・通信ともNG。
  • Y!mobileなど格安SIMを挿す→通話・通信ともNG。

ネット通信はWIFI環境では使えますが、SIMロックされていると基本的に電話も通信もできません。

iPhone6sのSIMロックを解除したと想定した場合、以下の通りになります。

  • DOCOMOで購入したiPhone6sを、別の通信会社でも利用可能!
  • 三大キャリアのau/ソフトバンク→通話・通信ともOK。
  • Y!mobile/UQ mobile/LINE MOBILE/mineoなど格安SIMもOK。

SIMロックを解除するメリット・デメリット

SIMロックを解除するメリット・デメリット

SIMロックを解除するメリットは、以下の3点です。

  1. MNP先で端末が使用できる(対応機種のみ)。
  2. 下取りや転売時に販売価格がアップしやすい。
  3. 海外旅行時に現地のプリペイドSIMが利用可能。

逆にSIMロックを解除するデメリットはほとんどありません。

唯一あるとすれば、SIMフリー化するのに少しだけ手間がかかることぐらいですね。

SIMロックを解除した後に、最終的にMNPしなかったとしても、

タイガ
タイガ
いままでのキャリアで問題なく利用可能!

だからですね。

DOCOMO版iPhoneのSIMロック解除の3条件

DOCOMO版iPhoneのSIMロック解除の条件

DOCOMO版iPhoneやスマホのSIMロック解除ができる端末は、以下の3つの条件をクリアしている必要があります。

1.発売日が2015年5月以降の端末

発売日が2015年5月以降の端末であることが前提条件になります。

端末の購入日ではなく、発売日というのがポイントですね。

Apple製品であれば、以下のモデル以降がSIMロック解除の対象となります。

  • iPhone 6S~
  • iPad mini4~
  • iPad Pro~
タイガ
タイガ
いま使っているのがiPhone6Sなので、ギリギリセーフでした。
スポンサーリンク

2.様々な100日間の縛りあり

分割購入および端末購入サポートがある場合、購入日から100日間はSIMロックを解除することができません。

それぞれ101日目以降は、SIMロックを解除できるようになります。

また、解約後100日が経過した端末はSIMロック解除ができなかったのですが、2019年2月から101日経過後も手続きができるようになっています。

SIMロック解除できない期間は以下の通り。

  1. 分割購入:購入日から100日間
  2. 端末購入サポート有:適用日から100日間
タイガ
タイガ
一括購入&サポート無であれば、当日からSIMロック解除が可能ですよ。

3.各種ロックがかかっている場合はNG

ネットワーク利用制限おまかせロックといった各種ロックがかかっている場合は、SIMロックの解除ができません。

端末を購入した本人以外でもSIMロック解除できるようになりましたが、

タイガ
タイガ
オークションやフリマアプリで中古端末を購入する場合は要注意!

となりますね。

自分で購入したDOCOMO端末が手元にあり、分割代金の支払いが滞っていなければ、該当するケースは考えにくいので気にしなくて大丈夫です。

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNP編)

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNP編)

DOCOMO版iPhoneのSIMロックを解除の手順は、大きく分けると2つになります。

  1. MY DOCOMOで手続き(約3分)
  2. iPhone端末の操作

が必要になります。

1番はネットで手続き、2番はMNP先のSIMをいれて初期設定するだけでOKです。

MY DOCOMOで手続きするために使用するdアカウントは、ドコモと契約していない場合でも簡単に作成できますよ。

1.MY DOCOMOでSIMロック解除

手順
  1. スマホの製造番号(IMEI)を確認
  2. MY DOCOMOにログイン
  3. 「その他のお手続きはこちらから」をクリック
  4. その他の「SIMロック解除」をクリック
  5. iPhoneの電話アプリで「*#06#」と入力
  6. 「SIMロック解除を申込む」にチェック
  7. 「SIMロック解除の注意事項」をクリック
  8. 内容を確認して「閉じる」をクリック
  9. 「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック
  10. 受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をクリック
  11. 内容を確認して「手続きを完了する」をクリック
  12. お手続き完了を確認

1-1.スマホの製造番号(IMEI)を確認

まずはSIMロック解除したスマホの製造番号(IMEI)を確認する必要があります。

iPhoneの場合は15桁の数字になります。

iPhoneの場合
  1. iPhoneの電話アプリで「*#06#」と入力
  2. 「設定」→「一般」→「情報」→スクロール→「IMEI」
Androidの場合
  1. Androidの電話アプリで「*#06#」と入力
  2. 「設定」→「端末情報」→「機器の状態」→「IMEI番号」

1-2.MY DOCOMOにログイン

1-2.MY DOCOMOにログイン

MY DOCOMOのページで、ログインします。

1-3.「その他のお手続きはこちらから」をクリック

1-3.「その他のお手続きはこちら」をクリック

ログインしたら、「その他のお手続きはこちらから」をクリック。

1-4.その他の「SIMロック解除」をクリック

1-4.その他の「SIMロック解除」をクリック

ページをスクロールして、その他の項目にある「SIMロック解除」をクリックします。

1-4-2.二段階認証がある場合

1-4-2.二段階認証がある場合

二段階認証を設定してある場合は、確認画面がでてくるのでコードを入力しましょう。

1-5.表示されたIMEIを入力画面に記載

1-5.表示されたIMEIを入力画面に記載

1-1で調べた製造番号「IMEI」を入力します。

iPhoneの場合は、数字15桁になります。

1-6.「SIMロック解除を申込む」にチェック

1-6.「SIMロック解除を申込む」にチェック

少しスクロールすると、「SIMロック解除を申込む」という表示があるのでチェックします。

1-7.「SIMロック解除の注意事項」をクリック

1-7.「SIMロック解除の注意事項」をクリック

「SIMロック解除の注意事項」をクリックします。

1-8.内容を確認して「閉じる」をクリック

1-8.内容を確認して「閉じる」をクリック

表示された「SIMロック解除の注意事項」を読んで、一番下にある「閉じる」をクリックします。

1-9.「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック

1-9.「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェック

注意事項を読むと、「SIMロック解除の注意事項に同意する」にチェックできるようになりますので、クリックします。

チェック済

1-10.受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をクリック

1-10.受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をクリック

受付確認メールの送信先を決め、「次へ」をクリックします。

こだわりがなければ、ドコモメールを選択すればOK。

1-11.内容を確認して「手続きを完了する」をクリック

1-11.内容を確認して「手続きを完了する」をクリック

内容を確認して「手続きを完了する」をクリックします。

1-12.お手続き完了を確認

1-12.お手続き完了を確認

手続き完了を確認して終了です。

タイガ
タイガ
お疲れさまでした!
スポンサーリンク

2.MNP先のSIMをiPhoneに入れる

MY DOCOMOでsimロックを解除できたら、MNP先の会社のSIMを入れて初期設定をしたら完了です。

Y!mobile版で解説の予定です

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する方法(MNP以外)

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する方法(MNP以外)

MNPしない場合のSIMロック解除方法

MY DOCOMOでSIMロック解除後の手順になります。

別会社のSIMがない場合でも、SIMロックの解除は可能です。

ただし、ちょっと面倒なので、各自の責任でどうぞ。

バックアップはMY DOCOMOでSIMロック解除の手続きが終わってから取る必要があります。

MNP以外のSIMロック解除
  1. iPhoneをパソコンにつないで、iTunesでバックアップを取る。
  2. iPhoneを初期化。
    「設定」 →「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」
  3. iPhone初期化→iTunesで「iPhoneのロックが解除されました」の表示を確認。
  4. iTunesバックアップからiPhoneを復元して完了。

面倒ならドコモショップor電話で手続き

「MY DOCOMOの手続きからよくわからない・・・」「別会社のSIMがないからバックアップが面倒」といった場合は、

  • ドコモショップ
  • 電話(151)

でSIMロック解除の手続きをするのが簡単です。

ただし、3000円(税別)の手数料がかかりますのでご注意くだしあ。。

ドコモショップの場合は、身分証明書も持っていきましょう。

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNP編)│まとめ

ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNP編)│まとめ

この記事では、ドコモ版iPhoneのSIMロックを解除する2つの手順(MNPの場合)をまとめました。

格安SIMに乗り換える場合は、必ずSIMロックの解除をしておいてくださいね。

タイガ
タイガ
ドコモを解約した後でも手続きは可能ですよ!

記事の振り返りは以下からどうぞ。

Audible(オーディブル)キャンペーン中

Audible(オーディブル)のキャンペーンが開催中です。

プライム会員限定で無料期間が1か月→3か月となっているので、Audible(オーディブル)がたっぷり体験できます。

2021年6月29日(火)23時59分までですので、気になるあなたはいますぐ登録することをおすすめします。

 

いますぐ無料体験!