スーパー戦隊シリーズ

ドルイドン族の目的と行動まとめ。タンクジョー・ワイズルー・クレオン・ドルン兵

騎士竜戦隊きしりゅうせんたいリュウソウジャーの強敵きょうてきはドルイドンぞく

3話段階わだんかい登場とうじょうしているのは、幹部かんぶのタンクジョウと巨大化要員きょだいかよういんのクレオン、戦闘員せんとういんのドルンへいです。

クレオンをのぞくドルイドン族はチェスのこまがモチーフですので、キング・クイーン・ビショップ・ナイトも今後登場こんごとうじょうしてきそうですね。

この記事きじでは、スーパー戦隊せんたいシリーズだい43作目さくめ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のてきキャラ・ドルイドン族についてまとめていきます。

ドルイドン族/リュウソウジャー

ドルイドン族とは?/リュウソウジャー

ドルイドン族とは?

はるかむかし地球ちきゅうにはリュウソウぞくとドルイドン族がいて、はげしいたたかいをひろげていました。

しかし、6500万年前まんねんまえ、地球に巨大隕石きょだいいんせき激突げきとつする直前ちょくぜん、ドルイドン族は宇宙うちゅうへと避難ひなんします。

それからながい長い年月ねんげつながれた2019ねんのある、ドルンへいをひきつれたタンクジョーとクレオンが地球に襲来しゅうらい

地球をまもるリュウソウ族とのたたかいがはじまりました。

なお、ドルイドン族はチェスのこまがモチーフとなっています。

ドルイドン族の目的

人間にんげんのマイナス感情かんじょうからマイナソーをせることになったドルイドン族は、地球を自分じぶんたちのものにするため、人間にんげん全滅ぜんめつさせようとしています。

また、リュウソウ族の秘密ひみつ神殿しんでんにねむる騎士竜きりしゅう奪取だっしゅももくろんでいる様子ようす

ドルイドン幹部/戦闘員

タンクジョウ

タンクジョウ引用:リュウソウジャー公式

だい1から登場とうじょうしたドルイドンぞく幹部かんぶ

甲冑かっちゅうしろモチーフのパワーファイターで、リュウソウケンをはじかえ頑丈がんじょうなボディと大剣だいけん自在じざいまわ怪力かいりきほこります。

ドルイドン最強さいきょう自負じふしており、1話でコウをかばったマスターレッドをほうむりました。

前作ぜんさくのルパンレンジャーVSパトレンジャーでいうと、デストラ・マッジョのポジションだと考えられます。

だい4地震じしんちから吸収きゅうしゅうしてパワーアップすること、みずからの意志いし巨大化きょだいかできることが判明はんめいしています。

キシリュウオーミルニードルのニードルクラッシャーでたおされたかにみえましたが、モチーフどおりかなりの頑丈がんじょうさできのびていました。

だい6でふたたび巨大化きょだいかしてあばれまわるも、キシリュウオウファイブナイツをまえ劣勢れっせいに・・・。

5たいのキシリュウオーが連続れんぞくしてりかかる必殺技ひっさつわざ・ファイブナイツアルティメットスラッシュで撃破げきはされました。

  • 役割やくわり:ドルイドン幹部かんぶ
  • 系統けいとう:パワーファイター
  • 象徴しょうちょう:ルーク(チェスのこま
  • こえ中田譲治なかたじょうじ
  • スーツアクター:矢部敬三やべけいぞう

クレオン

クレオン引用:リュウソウジャー公式

だい1から登場とうじょうしたドルイドンぞく協力きょうりょくする宇宙人うちゅうじん

公式こうしきサイトにドルイドンの一味いちみ記載きさいされているように、正確せいかくにはドルイドンぞくではない模様もようで、チェスのこまのモチーフは見受みうけられません。

タンクジョウと行動こうどうともにしており、「タンクジョウさま」とうやまいながらも、戦闘せんとうはタンクジョウにまかせてそべるなど、独特どくとく雰囲気ふんいきのある敵キャラです。

身体からだはドロドロとした液体えきたいでできており、自由自在じゆうじざい液状化えきじょうかさせて相手あいてうごけなくしたり、ませることでマイナソーをすという特殊能力とくしゅのうりょくっています。

マイナソーとは?リュウソウジャーの怪人まとめスーパー戦隊シリーズ第43作目「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の怪人・マイナソーを一覧でまとめていきます。マイナソーの発生や特徴など。...

第2話ではフェンシング選手せんしゅのマイナス感情かんじょうから、ユニコーンマイナソーを誕生たんじょうさせました。

前作ぜんさくのルパンレンジャーVSパトレンジャーでいうと、ゴーシュ・ル・メドゥのポジションだと考えられます。

  • 役割やくわり:ドルイドンの一味
  • 系統けいとう巨大化要員きょだいかよういん
  • 象徴しょうちょう:カメレオン?
  • こえ白石涼子しらいしりょうこ
  • スーツアクター:神尾直子かみおなおこ

ワイズルー

ワイズルー引用:リュウソウジャー公式

タンクジョウの後釜あとがまとしてだい7から登場とうじょうしたドルイドンの幹部かんぶ

ケペウスせいからげだした王女おうじょ姉妹しまい・カルデナ&フィータをおって地球ちきゅうへきました。

シルクハットのようなかぶとと、光弾こうだんをはなつステッキが武器ぶき

スラッとしたマジシャンのような風貌ふうぼう策略家さくりゃくかであり、得意とくい催眠術さいみんじゅつ子供こどもたちをあやつり、リュウソウジャーをくるしめました。

  • 役割やくわり:ドルイドンの幹部かんぶ
  • 系統けいとう策略家さくりゃくか
  • 象徴しょうちょう:ビショップ(チェスのこま
  • こえ緑川光みどりかわひかる
  • スーツアクター:草野伸介くさのしんすけ

 

ドルン兵

ドルン兵引用:リュウソウジャー公式

だい1から登場とうじょうしたドルイドンぞく戦闘員せんとういん

よろいやりたて装備そうびしている屈強くっきょうなホムンクルス(人造生命体じんぞうせいめいたい)。

前作ぜんさくのルパンレンジャーVSパトレンジャーでいうと、ポーダマンのポジションです。

  • 役割やくわり:ドルイドン戦闘員
  • 象徴しょうちょう:ポーン(チェスの駒)

さいごに

この記事きじでは、スーパー戦隊せんたいシリーズだい43作目さくめ騎士竜戦隊きしりゅうせんたいリュウソウジャー」のてきキャラ・ドルイドン族についてまとめました。

チェスのこまがモチーフですので、キング・クイーン・ビショップ・ナイトも登場してきそうですね。

リュウソウジャーが放映ほうえいされ次第しだい随時更新ずいじこうしん予定よていです。

スーパー戦隊シリーズが
無料で見れる動画配信サイト

リュウソウジャーを見ていると、過去のシリーズ作品を見たくなりますよね。

そんな時に便利なのが動画配信サービス。見放題対象作品数・無料期間などを勘案してベスト3をピックアップしました。

初回無料体験期間があるので、気軽にスーパー戦隊シリーズが楽しめちゃいますよ。

  • ※動画配信ごとに紹介したスーパー戦隊シリーズの作品は2019年5月2日段階のものとなっています。
  • 配信終了など見れなくなっている可能性がありますので、事前に各動画配信サイトでご確認ください。
auビデオパス

auビデオパスでしか見れないルパパト+が超おすすめ。磁石を操るギャングラーの攻撃でレッドと1号がくっついてしまい・・・(笑)

リュウソウジャーの見逃し配信(最新話のみ)やライブツアーが見れるのも魅力。

auユーザー以外でも、Wow!IDを取得すれば楽しめますよ。

おすすめ度
無料期間 30日間
月額 562円(税抜)
シリーズ
  1. 天装戦隊ゴセイジャー
  2. 海賊戦隊ゴーカイジャー
  3. 特命戦隊ゴーバスターズ
  4. 獣電戦隊キョウリュウジャー
  5. 烈車戦隊トッキュウジャー
  6. 宇宙戦隊キュウレンジャー ファイナルライブツアー2018
  7. 動物戦隊ジュウオウジャーファイナルライブツアー 2017
  8. 手裏剣戦隊ニンニンジャー ファイナルライブツアー2016
  9. 烈車戦隊トッキュウジャー ファイナルライブツアー2015
  10. 獣電戦隊キョウリュウジャー ファイナルライブツアー2014

auビデオパス公式ページ

dTV

dTVは映画・ドラマ・アニメなど12万作品が見放題の動画配信サービスです。

スーパー戦隊シリーズは7つのTVシリーズと25作品以上の映画が見れるのでおすすめ。

初回31日間の無料期間&月額500円とコスパがいいのも嬉しいですね。

おすすめ度
無料期間 31日間
月額 500円(税抜)
シリーズ
  1. 烈車戦隊トッキュウジャー
  2. 侍戦隊シンケンジャー
  3. 獣電戦隊キョウリュウジャー
  4. 海賊戦隊ゴーカイジャー
  5. 特命戦隊ゴーバスターズ
  6. 手裏剣戦隊ニンニンジャー
  7. 天装戦隊ゴセイジャー

dTV公式ページ

Amazonプライムビデオ

Amazonで買い物をする人ならおすすめなプライム・ビデオ

スーパー戦隊シリーズは少ないものの、仮面ライダーアマゾンズやクレヨンしんちゃんなどオリジナル作品が○。

Prime Student対象の学生なら、半年間も無料で楽しめます。

おすすめ度
月額
  • プライム会員:500円(税込)
  • Prime Student:250円(税込)
無料期間
  • プライム会員:30日間
  • Prime Student:6か月
シリーズ
  1. 海賊戦隊ゴーカイジャー
  2. 炎神戦隊ゴーオンジャー
  3. 侍戦隊シンケンジャー
  4. 獣電戦隊キョウリュウジャー

プライムビデオ公式ページ

関連記事はこちら