プレゼント・ギフト

3歳・4歳・5歳の男の子向けプレゼント。シリーズで集めて楽しめるおもちゃ12選【誕生日/クリスマス】

3歳になると遊べるおもちゃの種類が飛躍的に増えますよね。

4歳・5歳と成長するにつれて子供の興味は変わってくるものの、できるだけ長く遊べるおもちゃをプレゼントしてあげたいところ。

この記事では、3歳・4歳・5歳の男の子にあげるクリスマス&誕生日プレゼントにシリーズで集めて楽しめるおすすめ玩具を紹介します。

3歳・4歳・5歳向けプレゼント
  1. ブロックラボ アンパンマン
  2. レゴブロック
  3. マグ・フォーマー
  4. LaQ (ラキュー)
  5. くみくみスロープ
  6. クアドリア
  7. プラレール
  8. ブリオ
  9. トミカシステム
  10. ウッディプッティ
  11. 仮面ライダー
  12. スーパー戦隊シリーズ

3歳・4歳・5歳/男の子向けプレゼント

1.ブロックラボ アンパンマン

ブロックラボ アンパンマンのおすすめポイント

タイガ
タイガ
3歳児が組み立てやすい大きさのアンパンマンブロックラボ。
タイガ
タイガ
長期的に遊ぶことを考えるとレゴブロックに軍配があがりますが、3歳児にブロックをあげるならアンパンマンの方が食いつきがいいです。

ブロックラボ アンパンマンがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
ブロック自体は遊び続けてくれますが、5歳ぐらいになるとアンパンマンを卒業してしまう子が多いのがデメリットのひとつ。
タイガ
タイガ
くるくる遊園地は歯車のかみ合わせが難しいので、大人でもちょっと扱いにくいで他のシリーズを選んだ方がいいですね。

ブロックラボ アンパンマンのピックアップ商品

2.レゴブロック

レゴブロックのおすすめポイント

タイガ
タイガ
長く遊べるブロックの代表格といえばレゴブロック。
タイガ
タイガ
種類がとにかく豊富なので、いろいろなシリーズを集めたくなるのも特徴です。

レゴブロックがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
海外製なので魅力的なキャラが少ないのがマイナスポイント。
タイガ
タイガ
3歳にあげるブロックとしては、ちょっと難易度が高い印象です。

レゴブロックのピックアップ商品

3.マグフォーマー

マグフォーマーのおすすめポイント

タイガ
タイガ
長男がボーネルランドでハマっていた不思議な磁石パズル。ピース同士がピタッとくっつく感触が気持ちいいです。
タイガ
タイガ
いろいろな立体形がつくれるので、子供の想像力をふくらませることができます。

マグフォーマーがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
価格が高めなのでピース数をたくさん集めるのが難しいのがデメリット。
タイガ
タイガ
Amazonでは並行輸入品が多いので、変な業者に引っかからないようチェックも必要。
タイガ
タイガ
下のピックアップ商品は掲載段階でAmazon本体が販売する正規品となっています。※「Amazon.co.jpが販売・発送」となっていれば、Amazonが販売しています。

マグフォーマーのピックアップ商品

スポンサーリンク

4.LaQ (ラキュー)

LaQ (ラキュー)のおすすめポイント

タイガ
タイガ
年長クラスで大人気のLaQ (ラキュー)。ピース数が多く、ベーシックセットだけで20種類以上のモデルが作れます。
タイガ
タイガ
楽しみながら想像力を育めるので、知育おもちゃとしてもおすすめです。

LaQ (ラキュー)がイマイチなポイント

タイガ
タイガ
対象年齢が5歳以上なので、3歳・4歳には難しすぎます。
タイガ
タイガ
パーツがこまかいのでなくさないようにする工夫が必要なのと、誤飲の可能性がある乳幼児がいる家庭には不向き。

LaQ (ラキュー)のピックアップ商品

5.くみくみスロープ

くみくみスロープのおすすめポイント

タイガ
タイガ
ボールがきちんと下まで落ちるようにコースを考えて作る遊びをとおし、集中力や創造性を育てる公文の知育玩具。
タイガ
タイガ
ピタゴラスイッチが好きな子であれば、抜群に食いついてくれるでしょう。

くみくみスロープがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
対象年齢は3歳からとなっているものの、自力で作れるのは5歳に近付いてから。
タイガ
タイガ
子供が作れるようになるまでは、保護者がコースを作ってあげる必要があります。

くみくみスロープのピックアップ商品

6.クアドリラ

クアドリラのおすすめポイント

タイガ
タイガ
組み立て方によってビー玉が転がるスピードや方向が変わり、何度遊んでも飽きにくいおもちゃ。
タイガ
タイガ
くみくみスロープとの違いは、やっぱりあたたかみのある木製パーツをつかっている点ですね。

クアドリラがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
木製パーツを使っている分、くみくみスロープと比較すると高いのがネックといえます。
タイガ
タイガ
パーツのバリエーションが少ないのもデメリットとなります。

クアドリラのピックアップ商品

BorneLund(ボーネルンド) NEW クアドリラ・ベーシックセット【QDE6005AB05】
ボーネルンド(BorneLund)

7.プラレール

プラレールのおすすめポイント

タイガ
タイガ
男の子なら一度は通るプラレール。小さい子どもでもレールを作りやすく、お手頃価格でパーツを集めやすいです。
タイガ
タイガ
アクションステーションなど豪華な部品もありますし、本物そっくりの車両からトーマスまで走らせる列車の種類が豊富なので、子供の趣味嗜好にあわせて揃えていく楽しみがあります。

プラレールがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
基本的に電池で車両を走らせて遊ばせるタイプなので、せっかくレールを作っても子供が飽きるのが早いのが一番のデメリット。
タイガ
タイガ
3歳・4歳ぐらいまではハマっている子が多いのですが、5歳に近づくにつれて出番が減っていきます。戦隊物や仮面ライダーに興味が移り、思い出した時に遊ぶ程度になります。

プラレールのピックアップ商品

8.ブリオ

ブリオのおすすめポイント

タイガ
タイガ
価格と種類では断然プラレールなのですが、木のおもちゃがで遊ばせてあげたいなと思って我が家ではブリオをセレクトしました。
タイガ
タイガ
列車のスピードものんびりしていますし、手転がしでも遊べるのもいいですね。

ブリオがイマイチなポイント

タイガ
タイガ
木のおもちゃなので価格が高いのが一番のデメリットでしょう。
タイガ
タイガ
列車を電池で動かすと短いカーブで脱線しやすいのもネック。ガンガン走らせたいならプラレールに軍配があがります。

ブリオのピックアップ商品

スポンサーリンク

9.トミカシステム

トミカシステムのおすすめポイント

タイガ
タイガ
電車のレール系おもちゃはたくさん種類があるのですが、意外といいのが見つからないのが車用の道路シリーズ。
タイガ